長門 船木宰判勘場



お城のデータ
所在地 山口県宇部市船木
遺 構 移築門
形 式 代官所 築城者: 長州藩 築城年代: 元禄2年


見 ど こ ろ

 船木宰判勘場は、現在の宇部市船木ふれあいセンターから宇部市役所支所(旧楠町役場)となっている一帯に設置され、藩主の休息所でもあった御茶屋も併設されていたとか。

 現在は宰判勘場・御茶屋には遺構も何も残っていないが、ふれあいセンター前の駐車場に石碑と案内板が立てられていた。 また、勘場の通用門が瑞松庵に移築され現存している。


歴     史

 長州藩は、藩内統治のため周防で9区・長門で8区の行政区に分け宰判勘場(代官所)を設置した。 寛永2年に厚狭郡東部を管轄する吉見宰判勘場が設けられたが、元禄2年に船木へと移された。


お城へのアクセス
鉄 道: JR小野田線小野田駅〜バス/船木
 車 : 山陽道小野田IC〜県道71号線〜国道2号線
駐車場: 船木ふれあいセンターの無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
厚狭郡東部を管轄する長州藩の代官所。
  • 船木宰判勘場通用門の移築先
    瑞松庵 :山口県宇部市船木

山口県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県