甲斐 長坂氏屋敷



お城のデータ
所在地 山梨県北杜市長坂町長坂上条
遺 構 曲輪、土塁、空堀、土橋
形 式 居館 築城者: 長坂氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 長坂氏屋敷は、釣閑原と呼ばれる長坂地区の東南部にある小高い台地の先端部を利用して築かれている。

 屋敷の縄張りは、北東部が地形に合わせて変形しているがほぼ方形居館形式で、周囲を土塁と堀が囲繞して、台地に続く南面に虎口が開かれている。

 現状は、西側の農道から丘の上に直登すると、屋敷内は一面雑木とブッシュに覆われていて、遺構の確認は容易ではないが、それでも完存している堀と土塁を何とか確認することができた。 当然、写真写りは極めて悪かった・・・。


歴     史

 長坂氏屋敷は、築城年代は定かではないが長坂氏によって築かれた。 長坂氏は、武田氏の氏流栗原氏から別れたと云われ、永正元年以降に長坂郷に居住した。

 長坂氏で有名なのが長坂釣閑斎で、天文17年の上田原の合戦で討ち死にした板垣信方の後任として諏訪郡代となり上原城、後に高島古城へ入っている。

 釣閑斎は元亀4年に武田信玄が没すると、後を継いだ勝頼に重用された。 諸説があるが、天正10年に釣閑斎は武田氏滅亡に際して甲府にて自刃している。


お城へのアクセス
鉄 道: JR中央本線日野春駅〜バス/日野春小学校
 車 : 中央道長坂IC〜県道17号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
土塁も空堀も完存しているのだが写真写りがとっても悪い居館。

山梨県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県