肥前 鍋島陣屋



お城のデータ
所在地 長崎県雲仙市国見町神代
遺 構 陣屋門、石垣
形 式 陣屋 築城者: 鍋島直茂 築城年代: 天正15年


見 ど こ ろ

 神代城三の丸の一角に鍋島陣屋がある。 陣屋の長屋門が今も残っている。  この陣屋門、格式のある重厚な門である。 この陣屋内は、個人宅となっていて見学するには電話予約する必要があるとか。

 道路から20メートル程であるが、長屋門に至る通路の両側に、高さ2メートル程の蒲鉾型の石塀が築かれて いた。
 この陣屋前一帯は、武家屋敷が建ち並んでいる。 一般公開していないが、 素朴で質素な感じの佇まいの旧武家屋敷が多かった。


歴     史

 南北朝時代以来、神代城は神代氏の居城であったが、天正15年の豊臣秀吉の九州征伐後、論功行賞により蓮池城主鍋島直茂に神代領3,000石が与えられた。 神代領は、江戸時代を通じて佐賀鍋島氏の飛び地であった。

 鍋島氏は、飛び地支配のため陣屋を神代城跡の一角に築いた。 これが鍋島陣屋である。 神代領は、鍋島直茂の叔父信房の知行して、佐賀藩家老鍋島隼人佐家が代々領して明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 島原鉄道神代町駅〜徒歩約10分
 車 : 長崎道諫早IC〜国道251号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
佐賀藩家老鍋島隼人佐家の陣屋、今でも子孫の方の住居となっている。

長崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県