伊賀 名張陣屋



お城のデータ
所在地 三重県名張市丸の内
遺 構 移築門、書院
形 式 陣屋 築城者: 藤堂高吉 築城年代: 寛永12年


見 ど こ ろ

 名張陣屋は、名張市街地の真ん中に小高い台地がある一帯にあった。 今もその地形は変わっていない。 小学校と福祉会館との間には5メートルほどの段差がある。 古地図を見るとここには石垣が築かれていたが、今は跡形もない。

 陣屋の遺構は、名張藤堂家屋敷が昔の位置に残っている。 この屋敷は、奥向きの屋敷部分(名張藤堂家の当主が、私生活に使用した部分)だけだが、武骨な感じはあまりしない、むしろ洒落た感じのする落ち着きのある建物である。

 この屋敷のすぐ北側に神社があり、表門として名張陣屋の太鼓門(大手門)が移築されている。


歴     史

 天正13年、大和郡山城から伊賀上野城に移された筒井定次ぐは、重臣松倉勝重に名張8,000石を与え、勝重の子重政(後の肥前島原城主)が名張の地に築城した。

 慶長13年、伊勢・伊賀の太守として津城に入った藤堂高虎は、養子高吉(丹羽長秀の三男)を伊予今治城主としたが、寛永12年に藤堂高吉は、領地2万石を伊勢・伊賀の内に移され、名張に居を構えた。

 名張藤堂家は、大名として待遇されず、藤堂本家の領内領主として家臣とは別格として取り扱われ、11代高節の時に明治に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線名張駅〜徒歩約10分
 車 : 名阪国道針IC〜国道369号線/榛原〜国道165号線
駐車場: 藤堂屋敷横の市史編纂室駐車場を利用(無料6台)


ひとくち MEMO
書院建築のが残る陣屋。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ 名張市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県