越後 妙高鳥坂城



お城のデータ
所在地 新潟県妙高市姫川原字鳥坂山
遺 構 曲輪、土塁、堀切、横堀、畝状竪堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 
鳥坂城は、高床山から北西に延びた尾根筋にある鳥坂山に築かれている。 高床山森林公園のキャンプ場から尾根伝いに城跡まで遊歩道が整備されていた。

 遊歩道を進むと烽火場を経て南の曲輪群の堀切に着く。 ここから鳥坂城の見どころが次々と現れてくる。

 南の曲輪の堀切は、東端からLの字形に曲がり横堀となっていて、その先端部に土橋があり、さらにその先が竪堀となっている。 この横堀は、堀底道としても利用されたのであろう。

 圧巻は南の曲輪と本丸との間に「これでもか、これでもか!」と掘られた四重の堀切だ。 しかも本丸直下の堀切は深さ約6〜7mのV字型で迫力満点の遺構だ。 しかもこの堀切から本丸・二の丸北斜面には畝状竪堀群まであるのだ。

 鳥坂山頂上部にある主郭があり、土塁の上に城跡碑が建てられている。 北に一段下がって長方形の二の丸が配置され、北面に土塁が残っている。 東斜面に向かって虎口が開かれ、この斜面に幾段にも小曲輪が階段状にある。 また、二の丸北側の堀切を隔てて三段の曲輪が配されいる。 


歴     史

 鳥坂城は、築城年代や築城者については定かでない。 戦国時代には上杉氏の家臣桃井左京が居城していたとも伝えられている。

 永禄年間には武田信玄による信越国境へ侵攻は激しく、上杉謙信は信越国境の支城の整備を進めており、鳥坂城もこの頃には存在していたのであろうか? 実際のところ、詳細なことは不明である。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR信越本線新井駅〜バス/堀之内or高床山入口
 車 : 上信越道中郷IC〜県道584号線
駐車場: 高床山森林公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
4条の堀切が本丸の防衛ラインとなっているお城。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県