武蔵 松山城



お城のデータ
所在地 埼玉県比企郡吉見町南吉見
遺 構 曲輪、空堀、竪堀、土塁、井戸跡
形 式 丘城 築城者: 上田友直 築城年代: 応永6年


見 ど こ ろ

 松山城は、「吉見百穴」として有名な遺跡のちょうど南側にある小高い丘陵一帯に築かれていて、三方を市野川によって囲まれた要害の地だ。

 松山城は、本丸・二の丸・三の丸・広沢郭・兵糧郭・惣郭が現存し、根小屋郭・外郭・北郭が現存6郭を取り囲むように配置された縄張りだ。

 何といってもこの城の見どころは、小高い丘陵一帯に多郭式に配置された郭を隔てる空堀だ。 特に本丸と二の丸の間に「コの字」型に掘られた空堀は、幅15〜20m、深さ10mほどもあり、よくもここまで掘ったものだと感動ものだ。


歴     史

 松山城は、正慶2年に新田義貞が鎌倉幕府北条高時を攻める時に一時的に築かれ、その後応永6年に上田友直によって本格的に築城された。

 松山城は、室町時代から戦国時代にかけて幾多の戦乱の舞台となり、北条氏が武蔵へ勢力を伸ばしてくると、関東管領上杉氏方の拠点と一つとなった。

 その後、上杉謙信、武田信玄も松山城を攻め落城させているが、北条氏による関東一円支配が安定すると、松山城は上田朝直が北条氏に従い本領安堵され城主となった。
 
 天正18年、豊臣秀吉による小田原征伐の時、城主上田憲定は小田原城に籠城し、城代山田直安以下2,300余名が松山城に籠城し、前田利家・上杉景勝等の大軍に包囲され落城した。

 家康の関東入国後は、松平家広・松平忠頼が居城したが、慶長6年に松平忠頼は遠江浜松城へと移封になり、松山城は廃城となった。  


お城へのアクセス
鉄 道: 東武東上線東松山駅〜バス/百穴入口
 車 : 関越道東松山IC〜国道254号線〜国道407号線
駐車場: 吉見百穴の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
戦国時代に幾多の戦乱の舞台となったお城。

埼玉県のお城
一覧表へ
トップページへ 吉見町のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県