越中 宗守館



お城のデータ
所在地 富山県南砺市宗守
遺 構 曲輪、土塁
形 式 居館 築城者: 小林壱岐守 築城年代: 永正年間


見 ど こ ろ

 宗守館は、現在宗守地区の神明社の境内になっていて、周囲をめぐる土塁が完全に残っていた。 館を取り囲むようにあったであろう堀は水田と化して全く残っていない。

 この宗守館は、神明社の本殿の規模から見ても非常に狭い。 4間程度の館の建物と小さな物置程度の建物が建てられていたのだろうか? と一人想像してしまった。    


歴     史

 宗守館の築城年代や築城者は定かではない。 歴史についても詳細について判らず、永正年間には上杉房義の将小林壱岐守が在城したとだけ伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR城端線福光駅〜バス/越中北山田
 車 : 東海北陸道福光IC〜国道304号線/細木〜県道277号線
駐車場: 宗守地区公民館の駐車場を利用。


ひとくち MEMO
今は神明社の境内、しかし周囲には土塁が見事に残る居館。

富山県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県