下野 武茂城



お城のデータ
所在地 栃木県那須郡那珂川町馬頭字馬場東
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 武茂泰宗 築城年代: 正応年間


見 ど こ ろ

 武茂城は、馬頭市街に接した北側の丘陵に築かれ、中腹にある静神社の鳥居横に城石碑と案内板がある。 急な石段を登り詰めたところが静神社で、ここが武茂城出丸であったところだ。

 ここから三の丸・二の丸・本丸と階段式に曲輪が配置され、本丸裏側の堀切から本丸・二の丸の北側を横堀と土塁が続き、この空堀は二の丸と三の丸の間にある薬師堀(空堀)へと至っている。 

 武茂城は、この静神社のある西城が主城で、東側の乾徳寺裏山に東西の曲輪が連なる東城(未整備)がある。 武茂城は、一城別郭の城であった。


歴     史

 武茂城は、正応年間に武茂泰宗によって築かれた。 泰宗は、宇都宮城主宇都宮景綱の三男で、武茂庄十余郷を分地され武茂氏を称した。

 応永14年、武茂持綱が本家宇都宮氏を相続して、武茂氏は一時途絶えたが、その後、持綱の曾孫正綱が武茂氏を再興した。 しかし、正綱もまた本家を継ぐことになり、三男兼綱が武茂氏を相続して1万石の領主となった。

 戦国時代の永禄年間には武茂氏は佐竹氏の傘下に入り、慶長4年に那須氏に内通したとして、武茂豊綱は常陸大賀へ移され、武茂城は佐竹の臣太田五郎左衛門の居城となった。 慶長7年、佐竹義宣が出羽久保田へ移封となり、武茂城は廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR烏山線烏山駅〜バス/那珂川町役場前
 車 : 東北道矢板IC〜県道74号線〜国道293号線
駐車場: 静神社参拝者用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
戦国時代、那須・佐竹氏の攻防が繰り広げられた一城別郭の城。

栃木県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県