山城 向島城



お城のデータ
所在地 京都府京都市伏見区向島本丸町
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 豊臣秀吉 築城年代: 安土桃山時代


見 ど こ ろ
(二の丸微高地に建つ民家)

 向島城は、宇治川左岸の向島に築かれ、西側に広がる巨椋池(現在では干拓されて水田となっている)との間には太閤堤が築かれいた。

 向島城は、方形の本丸、東西に細長い二の丸・三の丸を南北に連郭式に並べ、その周囲を堀が囲繞していた縄張りであった。

 現在は、城域はすべて住宅地となっていて遺構は何も残っていないが、本丸・二の丸・三の丸のあった場所は、周囲より一段高く城域内を探索すると「堀との段差」は今でも確認することできる。


歴     史

 向島城は、文禄3年に豊臣秀吉によって伏見城の出城として築かれた。 文禄3年の大地震で伏見城(指月城)の被害が大きく秀吉は向島城へ一時居所を移し、慶長2年に完成した伏見城(木幡山)へ向島城から移った。

 秀吉の没後、徳川家康が伏見城下の上屋敷から向島城へ居所を移している。 元和6年の伏見城の廃城と共に向島城も廃城となった。

お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄京都線向島駅〜徒歩約15分
 車 : 京滋バイパス宇治西IC〜国道24号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
『段差』で在処を探る楽しさを教えてくれるお城。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県