長門 向山豊田氏館



お城のデータ
所在地 山口県下関市豊田町殿敷
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 豊田種藤 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 向山豊田氏館は、木屋川から分流した殿敷川(安白川)を外堀とし、丘陵を背後に背負った地形を利用して築かれている。 近年まで堀の一部が残っていたようだが、現在では遺構は何も残っていない。 


歴     史

 向山豊田氏館は、鎌倉時代末期に豊田種藤によって築かれた。 種藤は、一ノ瀬城主豊田種長の子で殿敷の地を領した。 種藤の庶子種治が御幣司に居を構えて東殿と称し、嫡男種秀が殿敷を継承して西殿と称した。 豊田氏は以後八代続いて房種の時に滅亡した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線滝部駅〜バス/西市中央
 車 : 中国道美祢IC〜国道435号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
豊田氏が鎌倉時代に築き戦国時代まで居住した館。

山口県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県