讃岐 六車城



お城のデータ
所在地 香川県さぬき市大川町富田中
遺 構 曲輪、堀
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 六車城は、津田川に架かる時友橋の右手(東側)にある小高い丘に築かれた城だ。 現在、二の丸部分が天神神社の境内となっている。

 六車城の縄張りは、神社境内が二の丸、空堀を隔てて西側が本の丸と二郭からなっていて、本丸西側には物見台にしたのであろう高台となっていた。

 本丸側は、現在手が加えられておらず下草が伸び放題の状態で、高台を含めて周囲の崖部分は雑木と竹藪となっている。


歴     史

 六車城は、築城年代や築城者については定かでないが、戦国時代に六車宗湛が居城したと云われている。

 六車宗湛は、雨滝城主安富盛方の家臣で、安富氏が元亀3年に虎丸城へ移った際に雨滝城主となった。 天正11年、土佐の長宗我部元親の侵攻により、主君安富盛方は仙石秀久を頼って小豆島へと逃れたため、六車宗湛も長宗我部元親に降った。

 その後、秀吉により讃岐が平定され仙石久秀が讃岐を領すると、雨滝城も廃城となり、支城であった六車城も廃されたと思われる。


お城へのアクセス
鉄 道: 高松琴平電鉄長尾線長尾駅〜バス/並松
 車 : 高松道津田寒川IC〜県道139号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
雨滝城と運命を共にしたのであろうか?・・・・

香川県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県