下野 森田陣屋



お城のデータ
所在地 栃木県那須烏山市小塙字上の台
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 陣屋 築城者: 大田原増清 築城年代: 慶長5年


見 ど こ ろ

 森田陣屋は、荒川南岸の河岸段丘を利用して築かれた陣屋で、荒川に面した北側を除く三方を堀と土塁を巡らし、西側に一段下がった小曲輪が設けられた縄張りとなっている。

 現在は、畑地と公民館敷地となっていて、東西の堀と土塁の一部が残存しているが、南側の堀と土塁は消滅している。


歴     史

 森田陣屋は、慶長5年に大田原増清によって築かれた。 増清は、大田原綱清の次男で新地1,500石を与えられ、小塙の地に陣屋を構えた。 森田大田原氏は、交代寄合旗本として江戸時代を通じてこの地を領し、10代直清の時明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR烏山線小塙駅〜徒歩約10分
 車 : 北関東自動車道宇都宮上三川IC〜国道4号線〜県道10号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
交代寄合旗本大田原氏の築いた陣屋。

栃木県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県