武蔵 森下陣屋



お城のデータ
所在地 東京都青梅市森下
遺 構 なし。
形 式 陣屋 築城者: 大久保長安 築城年代: 天正18年


見 ど こ ろ

 森下陣屋は、青梅宿の西端に位置し、現在の都営バス青梅車庫の北側にある熊野神社に陣屋の案内板が立てられている。 熊野神社は陣屋の鎮守であったとか、この辺り一帯約6,300uと推定される敷地であったと推定されている。


歴     史

 森下(青梅)陣屋は、天正18年に徳川家康が関東移封になり、徳川氏直轄領を支配するために代官所として築かれた。 大久保長安が八王子代官となり、その支配下で大野尊長・鈴木孫右衛門らが青梅代官を務めた。 青梅代官は三田・加治・高麗・毛呂領25,000石を支配した。 森下陣屋は、延享元年に代官伊奈忠達の時に廃止となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR青梅線青梅駅〜バス/青梅車庫
 車 : 圏央道青梅IC〜都道44号線〜都道63号線〜国道411号線
駐車場: なし。



ひとくち MEMO
徳川氏直轄領を支配するために設けられた代官所。

東京都のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県