陸中 盛岡城



お城のデータ
所在地 岩手県盛岡市内丸
遺 構 曲輪、石垣、土塁、堀
形 式 平山城 築城者: 南部利直 築城年代: 慶長年間


見 ど こ ろ

 盛岡城は、会津若松城、白河城と並んで東北の三名城址とも言われ、現在は岩手公園となっている。

 確かに三名城址と言われることだけはある。 本丸・二の丸・淡路丸・三の丸と城の中核部は、高々と石垣が築かれ、東北の近世城郭を満喫させてくれる。 

 盛岡城には、明治6年に破却されるまで3層の天守もあった。 本丸石塁上には是非とも天守が建っていて欲しいものだ。 復元の手がかりになる古写真もあるのだから。


歴     史
(現地説明板より)

 南部氏は、甲斐源氏の一流で源頼朝から奥州征伐の功によりこの地方一円を領地としていた名族である。

 天正18年、南部信直は豊臣秀吉による小田原征伐に参陣し、南部8郡の安堵を得た。 しかし、南部一族九戸政実が、同年反乱を起こす。 これが、秀吉の全国統一最後の兵乱となった。

 政実の乱後、南部信直は、北上川沿いの3郡を加増され10万石の大名となった。
 信直は、それまでの居城三戸城から不来方の地に築城して移る。 この不来方が盛岡城である。

 南部氏は、盛岡藩2代重直の死後、盛岡と八戸の2家に分かれるが、14代続いて明治に至った。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線盛岡駅〜バス/内丸 or 岩手公園
 車 : 東北道盛岡IC〜国道46号線
駐車場: 城跡周辺の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
不来方城ともよばれ、南部一の名城。

岩手県のお城
一覧表へ
トップページへ 盛岡市のHPへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県