三河 文珠山城



お城のデータ
所在地 愛知県新城市作手清岳字見徳
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 奥平貞能 築城年代: 元亀年間


見 ど こ ろ

 文殊山城は、道の駅「つくで手作り村」から西正面に見える丘陵山稜に築かれていて、麓から山の上に物見櫓風の展望台が見えてる。

 つくで支所(旧役場)辺りから山頂まで林道が通じていて車で登ることが出来る。

 城の縄張りは、土塁が囲繞した主郭とその周囲を取り囲む帯曲輪からなる。 東側の塞之神城へと通じる尾根筋側には1条の堀切と土橋が設けられていた。


歴     史

 文殊山城は、元亀年間に奥平貞能によって築かれた。 奥三河作手に進出した武田氏と和睦した奥平氏が、和睦の証として築城した。


お城へのアクセス
鉄 道: 新東名高速新城IC〜国道151号線〜国道301号線〜林道
 車 : JR飯田線新城駅〜バス/作手高里
駐車場: 文珠山城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
作手盆地を一望できる物見台風の展望台があるお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県