山城 水主城



お城のデータ
所在地 京都府城陽市水主北垣内
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 水主氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 水主城は、「御厨子」とも表記されているが、木津川右岸に位置し、木津川の渡河点として重要な地点を押さえていた城で、応仁・文明の乱においても激しい争奪戦が行われている。 

 現在の水主地区内にある法然寺から東側の民家敷地一帯が城跡とされている。 宅地化により城の遺構などは何も残っていない。


歴     史

 水主城は、室町時代に水主氏によって築かれた。 水主氏は、明応年間に幕府奉公衆であったことが文献に記載されている。

 文明15年、畠山政長方であった水主城が畠山義就方の斎藤彦次郎によって攻め落とされている。 文明17年には斎藤氏は政長方に寝返り、義就方の寺田城外野城を攻め、両城の将兵が水主城へと逃れている。 この時に水主城は義就方の伊賀衆が入っていた。

お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄京都線富田荘駅〜バス/水主
 車 : 京奈和道城陽IC〜国道24号線〜府道262号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
木津川の渡河点を押さえていたお城。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県