越中 水尾南城



お城のデータ
所在地 富山県魚津市大熊
遺 構 曲輪、土塁、石垣、堀切
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 水尾南城は、松倉城西側に南北に連なる丘陵に築かれた支城群の中で一番南に位置する。 現在、城跡は水尾神社の境内と成っていて、送電線の鉄塔が主郭部に建てられ、城の保存状態はあまり良くない。

 資料に拠れば、3条の堀切があるが、実際にはブッシュに覆われている部分も多く、神社と鉄塔との間に浅くなった堀しか確認できなかった。 また、堀脇には後世のものと思われるが、石積みがあり、お城らしさを演出していた。


歴     史

 
水尾南城は、築城年代や築城者については定かでないが、松倉城の支城として築かれた。

 貞和2年に室町幕府に敵対した前越中守護井上俊清らを討伐するため、能登守護吉見頼隆に率いられた能登勢が松倉城を攻めた際に、水尾城共々水尾南城も攻められ落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: あいの風とやま鉄道魚津駅〜バス/鹿熊
 車 : 北陸道魚津IC〜国道8号線〜県道33号線
駐車場: なし。(水尾神社境内に駐車可)


ひとくち MEMO
神社の山門に「城門」と書かれた看板が・・・。

富山県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県