大隅 溝辺城



お城のデータ
所在地 鹿児島県霧島市溝辺町麓字平山田
遺 構 曲輪、堀切、竪堀、土塁
形 式 丘城 築城者: 溝辺氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 溝辺城は、南北に細長く半島状に伸びる丘陵に築かれ、崎森川とその支流がそれぞれ東西を流れて堀の役目を果たし、しかも川に面して断崖に近い急勾配となった要害の地だ。

 市道に沿って案内板と標柱があり、ここから林道を登ると溝辺城の曲輪が左手に連郭式に連なっている。 各曲輪とも雑木とブッシュに覆われ、遺構確認は甚だ難しいが、それでも切岸と二本の堀切を何とか確認することができた。

 溝辺麓は、鹿児島空港の西側一帯にあり、市役所溝辺支所が地頭御仮屋跡だ。 但し、御仮屋の遺構は何も残っていない。


歴     史

 溝辺城は、築城年代は定かでないが溝辺氏によって築かれた。 延文3年、畠山国明に代わって肝付兼固が城主となり、江戸時代には、薩摩藩の外城として存続し溝辺麓が置かれた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR鹿児島本線鹿児島中央駅〜バス/鹿児島空港〜タクシー/約15分
 車 : 九州道鹿児島空港IC〜県道56号線/国際線入口〜市道
駐車場: なし。(登城口前の案内板脇に駐車スペースあり。)


ひとくち MEMO
鹿児島空港に一番近いお城。

鹿児島県お城
一覧表へ
トップページへ 霧島市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県