伊勢 宮山城



お城のデータ
所在地 三重県久居市戸木町字敏太
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 木造具政 築城年代: 天文年間


見 ど こ ろ

 宮山城は、敏太神社北側の裏山山頂に築かれている。 神社境内に案内板があり、そこから神社社殿左手より登城道がついている。

 もともと戸木城の北方面に備えた出城(支城)として築かれただけに、城の規模は大きくない。

 城の主郭は、周囲を2〜4m程の高さの土塁と空堀が築かれ、虎口には更に土塁と空堀が設けられた縄張りとなっていて、これらの城の遺構は保存状態も良くなかなか見応えがあった。 


歴     史

 宮山城は、天文年間に木造城主木造具政によって築かれた。

 天正12年、織田信雄と羽柴秀吉とが対立すると、秀吉方の蒲生氏郷による木造氏攻略が開始され、家所帯刀に攻められ落城した。   


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄名古屋線久居駅〜バス/戸木神社前
 車 : 伊勢道久居IC〜国道165号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
j神社の裏山には見事な土塁と空堀が残っているお城。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県