紀伊 京 城



お城のデータ
所在地 三重県南牟婁郡紀宝町大里字倉本
遺 構 曲輪、堀切、竪堀、石垣
形 式 平山城 築城者: 堀内氏善 築城年代: 天正16年


見 ど こ ろ

 京(みやこ)城は、大里地区の相野谷中学校東側の小山を利用して築かれている。 北を流れる相野川、東を流れる跡田川が堀の役目を果たしている地形であった。

 京城の縄張りは、山頂部に主郭を置き、堀切を隔てて南側に物見曲輪と云える曲輪を配置している。 主郭東側には帯曲輪と虎口が開かれ、山腹の4段に分かれた居館曲輪へと繋がっている。

 この城の見どころは、何と言っても主郭北側にある二重の堀切、しかも外側の堀切は岩盤を掘りきったもので、「見事」の一言に尽きる。 二重堀切の更に外側には横堀と畝状竪堀の遺構が見られ、こちらも必見の価値在り。


歴     史

 京城は、天正16年に起こった北山郷の天正一揆制圧の際、北山街道を押さえるために、新宮城主堀内氏善によって築城された。

 堀内氏は、代々熊野新宮別当を代々勤めた家柄で、氏善の代に南北牟婁郡を手中に収め、豊臣秀吉の紀州征伐以後秀吉に臣従した。

 慶長5年、関ヶ原の戦いでは西軍に与し、敗戦により居城を捨て京城に蟄居した。 氏善は、後許され、肥後熊本城主加藤清正に仕え、宇土城代を務めた。 この肥後へ出立した城が京城である。


お城へのアクセス
鉄 道: JR紀勢本線新宮駅〜バス/大里
 車 : 阪和道みなべIC、伊勢道伊勢IC〜国道42号線〜県道35号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
岩盤を掘りきった二重堀切が見事。
  • 京城の登城口
    二段に分かれた館跡まで案内板から石段があり、墓地となった上の館跡へ登る途中、左手へと登る山道(道しるべあり)を登る。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県