安芸 宮の城



お城のデータ
所在地 広島県安芸高田市吉田町川本
遺 構 曲輪
形 式 丘城 築城者: 堀江甲本 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 宮の城は、可愛川(江の川)に突き出したようにある小さな丘の上に築かれた城だ。 川筋に沿って通る街道(現国道54号線)を押さえる城であったと思われた。 

 現在、宮の城は埃ノ宮神社境内となっていて、城の遺構と思われるものは何も残っていなかった。


歴     史

 宮の城の歴史について詳細不明だが、大内義隆の家臣堀江甲本が築城し、後に毛利氏の家臣関弥右衛門が守ったと云われている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR芸備線吉田口駅、JR山陽本線広島駅〜バス/川本
 車 : 中国道高田IC〜県道6号線〜国道54号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
可愛川(江の川)に突き出したようにある小さな丘の上に築かれたお城。

広島県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県