遠江 三岳城



お城のデータ
所在地 静岡県浜松市北区引佐町三岳
遺 構 曲輪、石垣、土塁、横堀
形 式 山城 築城者: 井伊道政 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 三岳城は、三岳山山頂に築かれた井伊谷に居館を構えていた井伊氏の詰の城だ。

 三岳山中腹の三岳神社から山頂の城跡まで遊歩道が整備されて、山頂から井伊谷全体を眺望できる絶景が汗を流して残ってきた者へのご褒美だ。

 三岳城の縄張りは、山頂部に主郭、東に二の丸を配している。 主郭西側の尾根筋には西からの進入を防ぐために二段の横堀が構築され、土塁の一部に石積み遺構が残っていた。


歴     史

 三岳城は、南北朝時代に井伊道政によって築かれた。 道政は、後醍醐天皇の皇子宗良親王を擁して北朝方と戦ったが、暦応3年に北朝方の高師泰・仁木義長らに攻められ落城した。

 戦国時代、永正11年に曳馬城主大河内貞綱が尾張守護斯波義達と結んで今川氏親に叛旗を翻した時、井伊直盛は斯波方に与して三岳城に籠城したが、今川方の朝比奈泰以に攻められ落城している。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線浜松駅〜バス/井伊谷
 車 : 新東名高速浜松いなさIC〜国道257号線
駐車場: 三岳神社の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
井伊谷の勢力を誇った井伊氏の詰めのお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県