紀伊 弥勒寺山城



お城のデータ
所在地 和歌山県和歌山市秋葉町
遺 構 なし。
形 式 山城 築城者: 本願寺・雑賀党 築城年代: 天正5年


見 ど こ ろ

 雑賀合戦のメイン舞台、弥勒寺山城は、今は「秋葉山公園市民の丘」となり、麓の県民プール前から遊歩道を山頂に向けて登ること約15分。 城の遺構などはまったく残っていない。

 展望台からは、北を見れば和歌山城が正面に見え、その向こうに紀ノ川、そして和泉山脈。 西から南にかけて雑賀城がある和歌浦、片男波の風景が一望できる。 本当に眺めはすばらしい。

 この眺めを見ていると、雑賀孫市が信長を迎え撃つために、この弥勒寺山に拠った理由がわかるような気がする。 


歴     史

 天正5年、石山本願寺(現大坂城)の顕如上人を擁して、雑賀孫市ら雑賀党は、一揆を起こして織田信長に抵抗した。

 織田信長は、6万の大軍をもって紀州に侵攻し、中野城を落としてこの城に本陣を置いた。 これに対して、雑賀党は弥勒寺山城に本陣を置き、信長と対峙し、この城を舞台に「雑賀の合戦」が行われた。

 雑賀党は、雑賀の鉄砲隊の善戦もむなしく信長の軍門に降る。 その後も信長としばしば戦うがその勢力は衰退していった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR阪和線和歌山駅〜バス/秋葉山
 車 : 阪和道和歌山IC〜国道24号線〜国道42号線
駐車場: 秋葉山公園(県民プール)の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
公園でお弁当広げて・・・、信長と戦ったお城も今では。

和歌山県お城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県