美濃 小原城



お城のデータ
所在地 岐阜県可児郡御嵩町小原字西山
遺 構 曲輪、出丸、土塁、堀切、三日月堀
形 式 山城 築城者: 平井頼母 築城年代: 天文年間


見 ど こ ろ

 小原城は、小原地区の白山神社背後の丘陵一帯に築かれている。 白山神社のある尾根筋と南側の民家を挟んだ尾根筋とに曲輪群があり、民家西正面の丘陵山頂部が一の曲輪だ。

 白山神社の本殿裏から登ると東出丸を経て、堀切を越えて一の曲輪へと進むことができるが、道はないのでご注意を。

 小原城の大手口は南の尾根筋で、資料によればここに武田氏流の逆三日月堀があるはずだが、ブッシュに埋もれ確認することすらできなかった。

 登城口は、奥の民家に通じる道をまっすぐ山に向けて進むが、途中から道の気配があるが、ブッシュをかき分けて進むことになる。 一の曲輪は、周囲を土塁がめぐっていた。(ただし、ブッシュのためメチャメチャ確認しづらい)


歴     史

 小原城は、天文年間に御嵩城主小栗重則を攻める為の向城として平井頼母によって築かれ、御嵩城落城後は高山城の支城となった。

 元亀2年、武田信玄は高遠城主秋山信友に命じて美濃に侵入させ岩村城・明知城等の東美濃の諸城を攻略させた。 この時、武田の先鋒隊は小原城を占拠して、金山城の森長可と対峙した。

 天正3年、織田信長の反撃が始まると小原城の武田勢は城を放棄した。 岩村城を始め東美濃の諸城が織田の手に戻ると、小原城も自然と廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄広見線御嵩駅〜バス/上之郷中〜徒歩
 車 : 中央道土岐IC〜国道21号線/中切〜町道
駐車場: なし。(小原地区公民館の駐車場を利用。)


ひとくち MEMO
「この先に遺構が・・・」と思いながらブッシュをかき分けて進むしかないお城。

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県