美作 高田城



お城のデータ
所在地 岡山県真庭市勝山
遺 構 曲輪、石垣、堀切、井戸、御殿(移築)
形 式 山城 築城者: 築城年代:


見 ど こ ろ

 高田城(別名 勝山城)は、如意山に本丸(山頂)と二の丸(山腹)を置き、勝山に出丸が置かれ、高田川(旭川)に面した現在の町役場付近に三の丸を配置している。 現在、二の丸は町民グランドとなっている。

 馬洗い場から堀切を経て遊歩道を山頂の本丸へと登る。 訪れた5月。 新緑が美しい季節であったが、本丸の曲輪群は下草が伸び始め、本丸北側に残っている筈の石垣を確認することは出来なかった。

 高田城は、城より町並み保存されている城下町を散策する方がお薦めか? 尚、江戸時代の藩主御殿が移築され現存している。


歴     史

 高田城は、三浦貞宗によって築かれたが、築城年代については諸説があるが、嘉慶年間までに築城された。

 天文17年、三浦貞勝は尼子氏の重臣宇山久信に攻められ落城したが、永禄2年に三浦貞勝が奪還した。 しかし、永禄8年、備中松山城主三村元親によって攻められ落城、貞勝も自刃した。 高田城は、その後毛利氏と宇喜多氏の争奪戦が繰り広げられた。

 江戸時代、明和元年に三河西尾から三浦明次(三浦貞勝とは同祖異系)が23,000石で入封、高田城を修築して勝山城と改名した。 以後三浦氏は、10代続いて明治に至った。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR姫新線中国勝山駅〜徒歩
 車 : 中国道落合IC〜国道313号線/久世〜国道181号線
駐車場: 二の丸の町営グランドの無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
お城を訪れたら、良く保存された勝山の城下町を散策がお奨め。
  • 高田城(勝山城)の御殿移築先
    旧藩主三浦家別邸(椎の木御殿) : 岡山県真庭市勝山字岡

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ 勝山町のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県