美作 荒神山城



お城のデータ
所在地 岡山県津山市荒神山
遺 構 曲輪、石垣、土塁、堀切、竪堀、井戸
形 式 山城 築城者: 花房職秀 築城年代: 元亀元年


見 ど こ ろ

 荒神山地区は、ちょっと交通の便が悪い。 最寄りのバス停から約3kmはあり、車を利用して訪れることをお薦めする。

 登城口から沢に沿って登城道を進み、沢を渡って山を登り出して約15分ほどで尾根に出るが、この鞍部を守るように虎口があり、土止めと思われる石垣が残っている。

 山頂の荒神山城は、山頂部の本丸にした基本的には連郭式の縄張りで、山頂部の本の丸、一段下がって西側に連なる二の丸が主郭部を形成している。

 この二の丸は、周囲を土塁が廻っていて、南側の虎口が桝形虎口形式になっていた。 二の丸下には、水の手曲輪があり、今でも井戸には水が湧き出していた。

 草に覆われて見づらいが、本丸南下の曲輪、二の丸から金蔵に降りると北曲輪にも石垣の遺構が残っていた。


歴     史

 荒神山城は、元亀元年に岡山城主宇喜多直家の重臣花房職秀によって築城された。

 宇喜多氏は、毛利方の医王山城神楽尾城・嵯峨山城と対抗するため荒神山城を築城でして、美作の拠点とした。

 花房職秀は、備前天神山城攻め、備中高松城攻め等数々の武功を上げたが、文禄3年宇喜多秀家と不仲になり、宇喜多家追放され常陸の佐竹義宣に預けられた。

 慶長5年の関ヶ原の戦いで、花房職秀は家康に召し出されて、東軍の先鋒として功を上げ、備中高松で8,000石の知行所を得た。


お城へのアクセス
鉄 道: JR姫新線津山駅〜バス/押渕上、津山駅からタクシー利用
 車 : 中国道津山IC〜国道53号線〜県道449号線
駐車場: なし。(荒神山地区の公民館前に駐車スペース有り。)


ひとくち MEMO
宇喜多氏の美作攻略の前線基地となったお城。
  • 荒神山城の登城口
    荒神山地区の公民館前(県道沿い)に縄張り図付の案内板があり、20m程先左手に登り口の標識がある。 ここから直ぐ二手に道は別れ、右手の民家の庭先を通るような道を進む。 猪除けのトタン塀で道は遮断されているが、構わず乗り越えると、城跡への標識のある山道にでる。 後は要所要所に道案内の標識があり、迷うことなく山頂の城跡へと行ける。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県