三河 本地陣屋



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市本地町6丁目
遺 構 なし。
形 式 陣屋 築城者: 松平知乗 築城年代: 元和7年


見 ど こ ろ

 本地城は、豊田ICのすぐ西側に位置する少し小高い丘の上に築かれていた。 現在の観音寺境内一帯が城跡で、江戸時代にはここに旗本陣屋が置かれていた。 案内板によれば、寺に至る坂道を「陣屋の坂」と呼ばれていたとか。 寺の西側は切り岸の雰囲気が残っていた。


歴     史

 本地城は、築城年代や築城者など詳細については定かでない。 江戸時代、元和7年、知行1,200石を領した旗本松平知乗が本地城跡に采地陣屋を構え、以後松平氏が明治までこの地を領した。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄三河線豊田市駅〜バス/本新町〜徒歩約15分
 車 : 東名豊田IC〜国道155号線〜県道489号線
駐車場: 観音寺の参拝者用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
寺に通じる道に往時の姿を留めている陣屋。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県