三河 羽布城



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市羽布町赤狐子
遺 構 曲輪、土塁、横堀、堀切
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 羽布城は、羽布郵便局背後の城山に築かれていて、巴川が城山を避けるようにUの字状に蛇行して流れ、天然の堀となっている。 

 光照寺から北へと城山へ向けて道路が通じ、峠頂上部付近から西へと林道を進むと道しるべがあり、ここから雑木をかき分けて少し登ると主郭南側の土塁と横堀へとたどり着く。

 城の縄張りは、城山頂上部の主郭には横堀が東から南へと施され、西側に帯曲輪を伴っている。 東は、削平が甘い自然地形とも思える曲輪があり、その東側先端部に堀切があった。


歴     史

 羽布城は、築城年代や築城者については定かでないが、河合小兵衛が居城していたと伝えられ、元亀2年の武田氏の三河侵攻により落城している。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄名古屋本線東岡崎駅〜バス/下山支所〜バス/三河湖口
 車 : 東海環状道豊田松平IC〜国道301号線〜県道363号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
道しるべが無ければどこが城跡なのか迷ってしまうが・・・。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県