山城 瓶原城



お城のデータ
所在地 京都府木津川市加茂町例幣字高樋
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 平城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 奈良時代の天平12年に聖武天皇が平城京から遷都した恭仁京、その大極殿(山城国分寺)跡からちょうど北東約200m程の所に見える竹藪が瓶原城だ。

 台地の先端部に位置し、周囲は竹藪となっているが、内部は畑地となり、北側は住宅地となっている。 城の東から南側にかけて堀が残り、三方の竹藪の中には土塁が残っていた。


歴     史
(恭仁京大極殿跡)

 瓶原城は、築城年代や築城者など詳細なことは定かでないが、この地には瓶原七人衆と呼ばれる土豪がいたことが文献から判っている。

 また、文献には、明応2年に大和筒井氏が、明応7年には大和古市氏が大和から瓶原へ落ち延びている記載があり、受け入れる城館があったこと確かなようだ。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線加茂駅〜バス/登大路
 車 : 京奈和道木津IC〜国道24号線〜国道163号線
駐車場: 恭仁宮見学者用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
恭仁京の大極殿跡のすぐそばに瓶原七人衆のお城があった。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県