越後 箕冠城



お城のデータ
所在地 上越市板倉区山部字箕冠山
遺 構 曲輪、土塁、横堀、竪堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 箕冠城は、大熊川と小熊川に挟まれた独立丘の箕冠山に築かれていて、現在は城址公園として綺麗に整備されている。

 箕冠城の縄張りは、山頂部に主郭を置き、堀切を隔てて二段の帯曲輪が南斜面に配され、更に横堀を隔てて南に張り出した南曲輪、居館が置かれたと思われる二の曲輪がある。 更に、水の手の溜池を隔てて南側に東西に土塁と横堀で守られた曲輪が配されている。

 公園化され遺構の確認は容易で、主郭と二の丸の間の横堀と土塁など見応えのある遺構についつい興奮してしまう。 


歴     史

 箕冠城は、築城年代や築城者については定かでないが、戦国時代には大熊氏が居城した。

 大熊氏は、越後守護上杉氏に仕えた豪族。 大熊政秀が永正3年に始まる越後永正の乱、享禄3年の上条の乱を経て守護代長尾為景に重臣として登用された。

 政秀の子朝秀は、箕冠城を拡張修築している。 朝秀は上杉謙信に仕えたが、弘治2年に武田信玄に通じて謙信に叛乱を起こす。 しかし、朝秀は謙信に平定され越中に逃れ、翌年には信玄に仕えている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR信越本線〜バス/板倉コミュニティプラザ前〜バス/峰山
 車 : 上信越道高田IC〜県道579号線〜県道254号線
駐車場: 箕冠城址公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
上杉謙信に叛いて武田信玄に従った大熊朝秀の居城。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ 上越市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県