肥後 御船城



お城のデータ
所在地 熊本県上益城郡御船町御船字下囲
遺 構 曲輪、模擬門
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 御船城は、御舟町役場西側に南北に細長い独立丘陵に築かれている。 現在は、丘陵の東・南は民家建築のためにかなり削り取られ旧地形を留めていないようだ。 丘陵上は城山公園として整備されているが、縄張りを確認するほどの遺構は残っていない。

 公園入口に建てられた模擬城門を入ると、御船城の案内板が立てられていて、北角の最高所にある天満宮(甲斐宗運も合祀されている)社殿までなだらかな傾斜となっている。 かつては、削平された丘陵上に数段の曲輪が構築されていたと考えられる。 


歴     史

 御船城は、築城年代や築城者については定かでないが、南北朝時代には城主阿蘇惟村が北朝方の今川了俊と戦っている。 室町時代は、阿蘇一族の重鎮御船惟安など御船氏代々の居城となっていた。

 戦国時代、阿蘇氏内紛に勝利した大宮司阿蘇惟豊は、御船城を甲斐親宣の嫡男親直(宗運)に与えた。 甲斐宗運は、阿蘇氏の重臣筆頭として阿蘇惟豊・惟将に仕え、豊後大友氏の肥後支配の一翼を担った。

 天正6年、大友宗麟が日向耳川の合戦で島津氏に敗れると、肥後では反大友勢力が台頭、また肥前龍造寺・薩摩島津氏の肥後侵攻が始まった。 宗運は、島津氏に降った相良義陽を討ち取るなど、阿蘇氏勢力の維持に努めた。

 天正13年、甲斐宗運が死去すると、嫡男親秀が御船城主となるが島津氏に敗れ、御船城を奪われる。 天正15年、秀吉の九州征伐後、御船城主に返り咲くが、肥後国主となった佐々成政に叛して一揆に参加して敗れ、甲斐氏は滅亡した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR鹿児島本線松橋駅〜熊本交通センター〜バス/御船営業所
 車 : 九州道御船IC〜国道445号線
駐車場: 城山公園内に駐車スペース6台程度あり。


ひとくち MEMO
阿蘇氏の重臣甲斐宗運の居城。

熊本県のお城一覧表へ トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県