近江 目加田城



お城のデータ
所在地 滋賀県愛知郡愛荘町目加田
遺 構 土塁、堀、門跡
形 式 平城 築城者: 目加田貞政 築城年代: 天正4年


見 ど こ ろ

 目加田城は、目加田集落のほぼ中央にある公民館南側にある。 公民館駐車場の片隅に石碑と縄張り図のある案内板があった。

 現在、城跡を整備しようとしているのであろうか、西側の竹藪は切り払われ、本丸土塁の姿が良くわかった。

 堀跡は、今では道路?となっていて、また本丸内部は民家となっているので、写真撮影の際にはちょっとご配慮を。(特に北の虎口は民家の真裏)


歴     史

 目加田氏は、藤原氏の出で鎌倉時代より御家人格として近江守護佐々木氏に仕えた。 目加田氏には分家も多く、周防岩国の吉川氏も目加田氏の出である。

 戦国時代、観音寺城の支尾根の一つに支城目加田城を築いて居城していた。 この目加田城があった支尾根が安土山である。 目加田貞政は、天正4年に織田信長が安土築城の際、目加田氏本貫の地に戻り、館を整備したのが目加田城である。

 貞政の子堅政は織田信長に従い、 天正10年の本能寺の変後は明智光秀に従った。 このため、山崎の合戦で光秀が敗死すると堅政は浪人となり目加田氏は滅亡した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線稲枝駅〜バス/目加田
 車 : 名神彦根IC〜国道8号線〜県道222号線
駐車場: 目加田地区の公民館駐車場を利用。(約20台程度)


ひとくち MEMO
民家の間に分厚い土塁が今も残るお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県