日向 目井城



お城のデータ
所在地 宮崎県日南市南郷町中村乙字山之口
遺 構 なし。
形 式 山城 築城者: 島津氏 築城年代: 天文年間


見 ど こ ろ

 目井城は、天文・永禄の頃に明と貿易港であった目井津を守るために築かれた城だ。 

 南郷漁協の後ろにある半島状の丘陵に築かれていた。 半島先端部に霧島神社があり、その背後が城跡だ。

 目と鼻の先に日南海岸を眺めることの出来る城だが、訪れた時は、生憎の雨で風景を堪能することが出来なかった。


歴     史

 目井城は、天文年間に島津氏の一族飫肥城主島津忠広が築城して、家臣日高源左衛門を守将とした。 その後、日高氏が都於郡城の伊東氏に降り、伊東氏48城の一つに数えられた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日南線南郷駅〜徒歩約15分(バス路線詳細 宮崎交通のHP
 車 : 宮崎道宮崎IC〜国道220号線
駐車場: 霧島神社脇の南郷漁協の駐車場を利用。


ひとくち MEMO
貿易港を廻って伊東氏と島津氏の争奪戦の舞台となったお城。

宮崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県