摂津 摩耶山城



お城のデータ
所在地 兵庫県神戸市灘区摩耶山
遺 構 曲輪、土塁、石垣、竪堀
形 式 山城 築城者: 赤松則村 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 摩耶山城は、摩耶ケーブルの終点「虹の駅」のある一帯が東の曲輪群だ。

 ロープウェイ駅左手の登山道を約100m程進むと「四丁石」のある削平地に出る。 麓から上野道を歩いて登ってくるとここに着く。 ここは、東曲輪群と西曲輪群を二分している堀切跡でもある。

 摩耶山山頂への登山道と分かれて、西の曲輪群主郭へと細い道が通じている。 西曲輪群の主郭部は、曲輪一つ一つは狭い削平地で、最高所の主郭西側に竪堀があり、この付近に僅かではあるが石垣の残石が見られる。 また、登山道に戻り、天上寺跡(史跡公園)へと進むが、「三丁石」付近の登山道両側に竪堀が残っていた。

 摩耶山城を訪れたら、ついでに摩耶山頂まで登ってみよう。 眼下に神戸港から大阪湾、その眺望は「すばらしい」の一言。  


歴     史

 摩耶山城は、南北朝時代に赤松円心則村によって築かれた。 山岳寺院天上寺を背後の砦として摩耶山城を築いたと考えられている。

 元弘3年、大塔宮護良親王の令旨を受け、播磨白旗城で鎌倉幕府討伐の挙兵をした赤松則村は、摂津へと進出して摩耶山城で、六波羅探題勢を迎え撃った。 これが太平記にある「摩耶合戦」である。

 その後の摩耶山城の歴史は定かではないが、戦国時代に城郭として機能していたと考えられる。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道線三宮駅〜バス/摩耶ケーブル下
 車 : 阪神高速神戸線摩耶IC〜表六甲ドライブウェイ
駐車場: なし。(摩耶ケーブル下駅には駐車場が無いので要注意)


ひとくち MEMO
家族そろって摩耶山へハイキング、でも途中に山城が・・・。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県