伊勢 松坂城



お城のデータ
所在地 三重県松阪市殿町
遺 構 天守台、石垣、井戸、曲輪、移築門
形 式 平山城 築城者: 蒲生氏郷 築城年代: 天正16年


見 ど こ ろ
(本丸敵見櫓の石垣)
(隠居丸の高石垣)

 典型的な一二三段の平山城。 四五百(よいほ)の森と呼ばれていた独立丘に城は築かれている。

 山頂部分に本丸が築かれている。 本丸は、2段に分かれていて上段が、かつては三層の天守が建てられ、天守曲輪を形成している。 天守台は、付属櫓をともなった形式。 きたい曲輪から天守台に登る崩れた石段が、妙に印象深かった。 また、きたい丸下段西側には松坂城で唯一土塁の遺構がある。

 本丸下段への虎口、助佐衛門御門(表二の門)と中御門(裏二の門)とがある。 それぞれの虎口とも見応えがある。 表二の門は、高石垣に囲まれ、結構急な登り坂を伴う堅固な構え。

 中御門は、二の丸から本丸下段、本丸上段(天守曲輪)へ単距離で進むだけに、石垣と石段による複雑な縄張りである。 二の丸から見る本丸下段の石垣は、なかなか見応えがある。 また、隠居曲輪には、本居宣長の旧宅が移築されている。

 建物の遺構としては、搦手口の側に同心長屋と城門が市内来迎寺に移築され残っている。


歴     史
(本丸上段の虎口)
(来迎寺の山門)

 天正16年、松ヶ島城に居城していた蒲生氏郷は、松ヶ島城が海に近く手狭なことから、松坂城を総石垣づくりで築城した。

 蒲生氏郷が会津黒川城(会津若松城)へ転封したあと、服部一忠が入封するが、僅か三年で豊臣秀次の事件に連座して切腹する。

 文禄4年、古田重勝が近江日野から34,000石で入封する。 元和5年、重勝の跡を継いだ重治は、石見浜田へ転封となった。 この古田氏二代の間に松坂の城下町が形成された。

 古田氏転封以後、松坂城は紀伊和歌山城主となった徳川頼宣の領地となり、伊勢の紀州徳川領の要として、城代が置かれ明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄山田線松阪駅、JR紀勢線松阪駅〜徒歩約15分
 車 : 伊勢道松阪IC〜県道59号線
駐車場: 市民病院向かいの市営駐車場を利用。


ひとくち MEMO
総石垣作り一二三段形式の近世平山城の典型的なお城。
  • 松坂城の城門移築先
    来迎寺 : 三重県松阪市白粉町

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ 松阪市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県