讃岐 松縄城



お城のデータ
所在地 香川県高松市松縄町287
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 宮脇長定 築城年代: 応仁年間


見 ど こ ろ

 松縄城は、現在熊野神社境内となっている一帯に築かれていた。 神社境内は、周囲より一段高くなった地形となっている。 神社本殿東側に熊野神社の案内板があるが、松縄城自体についての記述はなかった。


歴     史

 松縄城は、応仁年間に宮脇長定によって築かれた。 宮脇氏は、紀伊熊野の海賊を率いて活躍した新宮別当湛増の子孫とも伝えられ、鬼無の佐料城に居城する香西氏に属していた。 戦国時代末期には、宮脇長門守が信長・秀吉に仕え、軍功をたてたという。(現地案内板参照)


お城へのアクセス
鉄 道: JR予讃本線高松駅〜バス/アキ歯科医院前
 車 : 高松道高松中央IC〜国道11号線〜市道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
熊野水軍の末裔が築いたお城。

香川県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県