出雲 松江城



お城のデータ
所在地 島根県松江市殿町
遺 構 現存天守、復元櫓(3基)、城壁、石垣、土塁、堀、曲輪
形 式 平山城 築城者: 堀尾吉晴 築城年代: 慶長16年


見 ど こ ろ

 松江城は、山陰で唯一現存している望楼式五層六階の天守が残る城だ。 この天守、安土桃山時代の特徴を良く残した天守で、しかも非常に実戦的な天守の構造をした貴重な遺構だ。

 大手に面した二の丸東側に二層の南櫓、平櫓の中櫓、太鼓櫓が復元され、二の丸の高石垣、内堀、そして櫓群、その背後に天守の姿が見える。

 お城ファンにとって、思わずうっとり、そしてカメラのシャッターを夢中になって押してしまう。 県庁から大手門にかけての松並木付近が、午前中最高の撮影スポットだ。

 松江城は、極楽山と云われた小高い丘の上に一二三段形式に曲輪を配置し、丘陵の周囲を内堀はめぐり、また宍道湖の水を堀に取り入れ、「水の都松江」とも云われる水を城の防備に取り入れた城だ。 現在、遊覧船で松江城と城下に張り巡らされた堀めぐりができる。 違った視線で松江城を見ることができるお薦めコースだ。


歴     史

 松江城は、堀尾吉晴によって慶長16年に築かれた。 堀尾吉晴は、早くから豊臣秀吉に仕え、備中高松城攻め、明智光秀との山崎の合戦、柴田勝家との賤ヶ岳の合戦・越前北の庄城攻めなど、歴戦の勇士で遠江浜松城12万石を領し、豊臣政権の中老職にあった。

 慶長5年、関ヶ原の戦功により堀尾吉晴・忠氏父子は、出雲・隠岐24万石の太守となり、月山富田城に入城した。 月山富田城は、交通の不便さと城下町形成には土地が狭いことから、松江城築城となった。

 寛永10年、堀尾氏3代忠晴が嗣子無く没して堀尾氏は断絶。 替わって寛永11年に京極忠高が若狭小浜から入封するが、寛永14年に病死し除封され、京極氏は一門京極高和が播磨龍野で家名存続となった。

 寛永15年、福井城主松平秀康の四男直政が信濃松本より出雲一国186,600石を領して入封。 以後、松平氏が10代続いて明治に至った。 尚、7代藩主松平治郷は、茶道で有名な「不昧公」で、茶道だけでなく藩政改革にも実績をあげた名君であった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線松江駅〜バス/県庁前
 車 : 山陰道東出雲IC〜国道9号線/幸町〜県道37号線
駐車場: 大手門前の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
山陰で唯一、現存天守が残るお城。

島根県のお城
一覧表へ
トップページへ 松江市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県