飛弾 増島城



お城のデータ
所在地 岐阜県飛騨市古川町片原町
遺 構 石垣、堀、移築門
形 式 平城 築城者: 金森長近 築城年代: 天正15年


見 ど こ ろ

 飛騨古川は、北飛騨の小さな城下町、古い商家の町並み、白い土蔵と水の綺麗な瀬戸川の流れ、観光客で賑わう高山とは対照的に静かで落ち着いた風情がそこかしこに漂う。

 そんな城下町にある円光寺にちょっと変わった造りの山門がある。 この山門、増島城の城門を移築したものだ。 また、金森氏の菩提寺林昌寺にも薬医門様式の城門が移築現存している。

 増島城は、本の丸の川石を積み上げたような石垣と北・東面に堀が残っている。 本の丸北面の櫓台(天守?)上には、増島天満神社の本殿が鎮座していた。

 城跡の周囲にある古川小学校や公民館のある一帯が、増島城の二の丸・三の丸であったのだろうか。


歴     史

 天正13年、越前大野城主金森長近は、羽柴秀吉の命を受け飛騨に侵攻。翌14年には松倉城主三木自綱を滅ぼし飛騨を平定した。

 天正15年、金森長近は増島城を築城して、養子可重を城主とした。 慶長12年に可重が高山城主となると、可重の長子重近が城主となった。 しかし、元和の一国一城令によって築城わずか30年で廃城となった。

 その後、「古川旅館」と改称して存続していたが、元禄5年に金森氏の転封に伴い、高島城共々破却された。


お城へのアクセス
鉄 道: JR高山本線飛弾古川駅〜徒歩約5分
 車 : 東海北陸道飛騨清見IC〜国道158号線〜国道41号線
北陸道富山IC〜国道41号線
駐車場: 古川公民館前の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
北飛騨の小さな城下町、古い商家の町並み、白い土蔵が魅力的。
  • 増島城の城門移築先
    円光寺 岐阜県飛騨市古川町殿町
    林昌寺 岐阜県飛騨市古川町片野町

    浄徳寺

    岐阜県飛騨市古川町中野

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ 飛騨市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県