越中 升方南城



お城のデータ
所在地 富山県魚津市升方
遺 構 曲輪、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 椎名氏 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ

 升方南城は、升方城から林道を南へ約700m程丘陵を縦走すると、林道がUの字状に坂を下る地点がある。 尾根筋からUの字状に張り出した(尾根筋から見れば逆L字状)部分に築かれている。 

 尾根筋を1条の堀切で遮断し、L字に曲がった所から一段高くした所が城の主郭部だ。 南城は、全く整備もされず自然の為すがままに荒れていて、遺構の確認は容易ではないが、何とか堀切は確認することができた。


歴     史

 
升方南城は、戦国時代に椎名氏によって松倉城の支城として升方城と共々築かれたと推定されている。


お城へのアクセス
鉄 道: あいの風とやま鉄道魚津駅〜バス/升方公民館前
 車 : 北陸道魚津IC〜国道8号線〜県道137号線〜市道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
南北に連なる丘陵上に並ぶ松倉城支城群の一つ。

富山県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県