伊賀 増田氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市四十九町字風呂ヶ谷
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 増田氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 増田氏城は、上野市民病院のある丘陵南端部に築かれている。 増田氏城の西側に隣接して知高左衛門城があり、更に谷筋を挟んで西側の丘陵には中森氏城がある。

 増田氏城は、北側からの丘陵を切り込んでコの字状に空堀と土塁を設け、更に南西部に現在は一部消滅しているが土塁を伴う出丸がある複郭式の縄張りとなっている。

 土塁は武者走りも兼ねた幅の広い分厚い土塁で、空堀と共に保存状態も良い一見の価値のある城であった。


歴     史

 増田氏城は、室町時代後期に増田氏によって築かれた。 増田氏については詳細なことは定かでない。

 天正9年の伊賀天正の乱では、長岡城に陣を張った筒井順慶に対して、比自山城の籠城した伊賀軍が夜襲をかけた。 この守田の四十九の丘陵で合戦では、増田氏城も利用されたと考えられるている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線伊賀上野駅〜バス/市民病院
 車 : 名阪国道上野東IC〜国道422号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
武者走を伴う分厚い土塁に囲まれたお城。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県