伊予 松前城



お城のデータ
所在地 愛媛県伊予郡松前町筒井
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 松前城は、重信川河口左岸の三角州に築かれてた城で、河口付近の砂丘と湿地を利用して要害とした海城であった。

 松山城築城の際に石垣も全て松山城へ運ばれたとか。 そのためであろうか、今では住宅地と耕地整理によって全く面影も留めておらず、県道沿いの小公園に石碑が残るだけだ。


歴     史

 松前城は、築城者や築城年代は定かではないが、南北朝時代には既に南朝方の会田定遠が居城してた。 その後、河野氏の支配する処となり、河野氏の家臣栗上通宗・宗閑が居城したが、天正13年豊臣秀吉の四国征伐で小早川隆景によって攻められ落城した。

 文禄4年、加藤嘉明が朝鮮出兵の論功により淡路志知城から松前6万石へと移封となった。 嘉明は、慶長6年までの間の6年間に松前城の大修築を行った。

 慶長5年、関ヶ原の役で東軍に与した嘉明は、戦功により20万石に加増され、慶長7年に松山城を築城して移り松前城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 伊予鉄道郡中線松前駅〜徒歩約10分
 車 : 松山道伊予IC〜国道56号線〜県道22号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
砂丘を利用したお城も松山へお引っ越し・・・。

愛媛県お城
一覧表へ
トップページへ 松前町のHPへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県