信濃 真々部氏館



お城のデータ
所在地 長野県安曇野市豊科高家字真々部
遺 構 土塁、堀跡
形 式 居館 築城者: 武田氏? 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ
 
 真々部氏館は、真々部氏の菩提寺となっている金龍寺一帯が居館跡だ。 寺の本堂裏手(墓地)の一角に土塁が一部残っていて、土塁の上にある小さな祠脇に碑と案内板があった。

 案内板ある縄張り図によれば、金龍寺本堂裏手が本の丸、輪郭式に寺の境内と墓地が二の曲輪で、大手が西向きに開かれていたようだ。


歴     史

 真々部氏館は、戦国時代に武田氏が安曇郡に入るための交通の要衝に構築した館で、真々部氏(真々部尾張守)が居館した。(現地案内板より)


お城へのアクセス
鉄 道: JR大糸線二日市駅〜徒歩約10分
 車 : 長野道松本IC〜国道147号線/真々部北〜市道
駐車場: 金龍寺参拝者用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
墓地の中にも土塁が残る。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ 安曇野市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県