上総 真武根陣屋



お城のデータ
所在地 千葉県木更津市請西字間舟台
遺 構 土塁
形 式 陣屋 築城者: 林忠旭 築城年代: 嘉永3年


見 ど こ ろ

 真武根陣屋は、真舟の県営住宅北側の丘陵部先端を利用して築かれている。 現在は、道路脇に立派な石碑と案内板が立てられている。

 案内板がある辺りが陣屋不浄門があったところで、その背後南側の雑木林一帯が陣屋の主要部だ。 訪れた時、悪天候で風雨の中を雑木林の中へ入ることは断念したが、資料によれば複雑に配置された土塁が残存しているとか。


歴     史

 真武根陣屋は、嘉永3年に林忠旭によって築かれた。 忠旭の父忠英が若年寄になり貝淵陣屋を構えていたが、天保12年、家斉の死去に伴い職を免じられ、更に8千石の加増分を収公され隠居を命じられた。 嘉永3年、2代忠旭は真武根陣屋を築いて移った。

 慶応3年、3代忠崇は戊辰戦争では幕府側に立って藩兵を率いて戦ったが、新政府に降伏後、林家は家禄没収改され、戊辰戦争で唯一改易された大名となってしまった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR内房線木更津駅〜バス/陣屋下
 車 : 東京湾アクアライン連絡道袖ヶ浦IC〜国道16号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
雑木林の中には陣屋の土塁が残るとか・・・。

千葉県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県