土佐 桑名屋敷



お城のデータ
所在地 高知県南国市岡豊町常通寺島字東和田
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 桑名重定 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 桑名屋敷は、国分川右岸に面した岡豊城南麓の谷筋に築かれている。 国分川を渡河して南から岡豊城へと攻め登るルートの防衛の役目も担っていたと考えられる。 現在は、住宅地と食品工場の敷地となっていて、土居の遺構は何も残っていない。


歴     史

 桑名屋敷は、築城年代は定かではないが桑名氏によって築かれた。 桑名氏は、伊勢国桑名の自出で長宗我部元門に仕え、長宗我部三家老の一家となっている。 桑名重定・藤蔵人兄弟は功績が多くあり、重定は奈半利城主・甲浦城主となっている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR土讃線土佐大津駅〜バス/小蓮橋
 車 : 高知道南国IC〜県道384号線〜県道252号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
長宗我部三家老の一家桑名氏の土居館。

高知県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県