豊後 玖珠城



お城のデータ
所在地 大分県玖珠郡玖珠町伐採山
遺 構 曲輪、土塁
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 玖珠城は、比高355mの台地火山地形で切株に似ていることから伐株山と呼ばれている切り立った岩山に築かれてる。 資料によれば、発掘調査により山頂を取り囲む土塁や建物跡も発見されたとか。 


歴     史

 玖珠城は、伐採山山頂にあった洪勝寺が南北朝時代に城郭化したと考えられている。 建武3年には南朝方の拠点となっていて、北朝方の一色頼行によって攻められ落城している。

 天正14年、薩摩島津勢の侵攻に対して、中島美濃守と岐部城からの合流者などが籠城して抵抗した。 しかし、内応者が出て島津勢は玖珠城を落とした。


お城へのアクセス
鉄 道: JR久大本線豊後森駅〜バス
 車 : 大分道玖珠IC〜国道387号線〜国道210号線〜町道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
巨大な切株の上にあるお城。

大分県のお城
一覧表へ
トップページへ 玖珠町のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県