豊後 櫛来城



お城のデータ
所在地 大分県国東市国見町櫛来
遺 構 曲輪
形 式 山城 築城者: 櫛来氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 櫛来城は、「オレンジロード」と呼ばれている町道が、櫛来川を渡るちょうど西側の丘陵上に築かれている。

 城跡は、城山神社の境内となっていて、麓の集落から細い道が通じている。 オレンジロード側からも急な坂道が付けられていて、この坂道を登るとちょうど神社本殿の裏側に至る。

 城の遺構を探し見るが、神社本殿裏に土塁跡らしき地形が見られ、神社境内を含めて数段の削平地が見られる。


歴     史

 櫛来城は、築城年代は定かではないが、櫛来氏によって築かれた。 城に関する歴史の詳細は不明だが、天正16年には櫛来豊重が城井城攻めに参陣している。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線宇佐駅〜バス/櫛来〜徒歩約20分(登城口)
 車 : 宇佐別府道路宇佐IC〜国道10号線〜国道213号線〜町道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
村の鎮守が祀られている神社境内となっているお城。

大分県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県