薩摩 串木野城



お城のデータ
所在地 鹿児島県いちき串木野市上名
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 丘城 築城者: 薩摩(串木野)氏 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ
(串木野麓の地頭御仮屋)

 串木野城は、大井川左岸に面した小高いシラス台地の丘陵に築かれている。 麓地区の入口付近に串木野城への道しるべがあり、正面に串木野地頭御仮屋の石垣が見える。(もっともこの石垣は明治初期に築かれたもととか。) 御仮屋の背後の丘陵が串木野城だ。

 御仮屋の近くに南方神社があり、ここも城の曲輪の一つ。 堀跡の切り通したから西側の竹藪へと入ると、空堀と曲輪群(5つの比較的大きな曲輪)が現れる。 しかし、荒れ放題の竹藪と化し、土塁も何とか確認することができたが、全く絵にはならないのが残念。


歴     史
(串木野麓の武家屋敷門)

 串木野城は、鎌倉時代に薩摩郡司薩摩氏によって築かれた。 薩摩六郎忠直の三男忠道が串木野を領し、以後串木野氏を称して代々居城していた。

 南北朝時代の康永元年、守護島津貞久は市来鶴丸城主市来時家を攻め降し、その勢いに乗って串木野城を攻めた。 城主串木野忠秋は、同族知覧氏を頼って城を落ち、串木野氏は滅亡した。

 文明年間に川上忠塞が城主となり、忠塞−栄久−忠克と続いた。 その後、山田有徳−有信と串木野城主なった。 元亀元年に島津家久が串木野地頭を兼ね、家久の日向佐土原転封後に仁礼隼人が地頭になっている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR鹿児島本線串木野駅〜バス/麓
 車 : 南九州道串木野IC〜県道39号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
竹藪の中に曲輪と空堀が眠っているお城。

鹿児島県お城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県