筑後 久留米城



お城のデータ
所在地 福岡県久留米市篠原町
遺 構 曲輪、石垣、堀
形 式 平山城 築城者: 小早川秀包 築城年代: 天正15年


見 ど こ ろ

 久留米城は、筑後川を背にした小高い山に本丸を置き、二の丸・三の丸・外郭を南北に配置した連輪式縄張りの城だ。

 本丸には天守は無かったが、三層隅櫓と多 聞櫓で固められていた。 建物は何も残っていないが、高石垣は今も往時のま ま残っている。

 久留米城本丸には2つの虎口があり、表門は枡形虎口となっている。 表門左側の高石垣と堀が見事。 表門方面を除く三方には犬走りがもうけれていた。

 また、駐車場となっている所が蜜柑曲輪といわれる腰曲輪があったとこ ろで、この蜜柑曲輪から石段を登って本丸へと入る。 このあたりも高石垣の真下まで行けることもあり、お城ファンにとってはお奨めポイントだ。

 城跡(本丸)は、有馬豊氏を祀る篠山神社や有馬家資料などを展示した有馬記念館がある。


歴     史

 久留米城は、最初は永正年間に土豪によって築かれた砦程度の城であった。

 本格的な築城は、天正15年の豊臣秀吉によの九州征伐後に、小早川秀包(元就の末子、兄小早川隆景の養子となる)が75,000石で入城、同時に城を近世城郭へと改修した。

 慶長5年、関ヶ原で西軍に加わった秀包は改易され、翌6年に三河岡崎より田中吉政が、筑後一国325,000で領主なる。 吉政は、柳川城を本城とし、久留米には二男吉信を入れた。

 元和6年、田中忠政が無嗣除封され、その後に大坂の陣で戦功のあった丹波福知山城主有馬豊氏が、216,000石で入封する。 豊氏は、城の修築を行い城下町を整備し、以後有馬氏が代々居城して明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR鹿児島本線久留米駅〜バス/久留米大付属病院前
 車 : 九州道久留米IC〜国道264号線〜県道17号線
駐車場: 蜜柑曲輪に5台程度の無料駐車場あり。


ひとくち MEMO
高石垣が廻らされた本の丸が残るお城。

福岡県お城
一覧表へ
トップページへ 久留米市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県