筑前 黒崎城



お城のデータ
所在地 福岡県北九州市八幡西区屋敷1丁目
遺 構 曲輪、石垣
形 式 山城 築城者: 黒田長政 築城年代: 慶長6年


見 ど こ ろ

 黒崎城は、比高30メートル程の道伯山頂に築かれていて、現在は城山公園として整備されている。

 城の縄張りは、山頂部にほぼ長方形に削平された本丸(城山公園)があり、ここに「黒崎城址」の石碑がある。 本丸北側に一段下がって二の丸が配置され、更に一段下に三の丸(駐車場部分)となっている。

 城の遺構としては、本の丸には東側の土塁と石垣の一部が残っている。 また、二の丸北側(駐車場側)には石垣がはっきりと残っていた。


歴     史

 慶長5年、関ヶ原の戦功により黒田如水・長政父子は筑前52万石に加増され、豊前中津より名島城に入城したが、翌慶長6年から福岡城の築城を開始すると同時に、筑前国内の支城築城・修築を同時に行った。
 
 黒崎城は、この時に豊前への押さえのために築かれ、城代として家老井上之房が2万石で入城した。 しかし、築城からわずか15年後の元和元年、一国一城令によって廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR鹿児島本線黒崎駅〜徒歩約10分(登城口)
 車 : 北九州都市高速黒崎IC〜国道202号線
駐車場: 城山公園の無料駐車場(20台程度)を利用。


ひとくち MEMO
洞海湾を見下ろす小高い山の上に築かれたお城。

福岡県お城
一覧表へ
トップページへ 北九州市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県