大和 黒木北城



お城のデータ
所在地 奈良県宇陀市大宇陀区黒木
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 黒木東城は、本郷溜池東側にあるゲートボール場東側の半島状丘陵に築かれている。

 南側を二本の堀切で背後を防ぎ、物見台を伴う主郭を最高所に置き、北に向かって数段の曲輪群を配置した縄張りとなっている。 北側には堀切が三本掘られているが、中でも二の曲輪北側の堀切は、西側斜面を竪堀となっていて長さも深さもあった。

 城域中で間伐作業が行われ、伐採された材木がそこかしこに横たっわっているが、城の遺構は容易に確認することができた。


歴     史

 黒木北城は、築城年代や築城者については定かでないが、戦国時代の永禄3年から松永久秀による口宇陀侵攻戦にて、宇陀三将の一人秋山氏の居城秋山城攻略のために築かれた陣城であるとも考えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線榛原駅〜バス/大宇陀高校前〜徒歩約15分
 車 : 名阪国道針IC〜国道369号線/榛原〜国道370号線/大宇陀
駐車場: 本郷温泉椿寿荘宇陀寮前の本郷溜池堤防入口付近に駐車スペースあり。


ひとくち MEMO
本郷谷に突き出すような丘陵には見事な堀切を伴うお城があった。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県